霧の湖の畔

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行き詰まると現実逃避的な記述弄りに走ってみたり

HITDEFのAttrを「Attr = , NA」みたいな感じに一文字目削って
大ちゃんの当身のreversal.attrの1文字目のSCAを適当に弄ってみたところ
相手のStatedefのTypeに反応して当身が成立。
HITDEFのAttrにだけ反応してると思っていたのでちょっと意外でした。
StatedefのTypeをLにしたら当身できない? と思ったりもしましたが
そもそもType=Lだと攻撃できないんでしたね。このあたり良く出来てるもんです。
reversaldefのattrの設定を試みる時とか参考になる気がしないでもない。

…なんか大ちゃんの当身の処理が変っぽいから普通の当身で確認したほうがよさそうだけど
そこまでするのがちょっとメンドイという半端な好奇心。


ドットが全然進みませんでした!
ある程度書いてはボツってを3回位繰り返してしてみたり。
基本的に完成図が思い描けないまま手探りで作業してるのでダメダメです。
う~ん、今月は全体的に時間が足りないので、
出来る時にはガンガン進めたい所ですが、
そんなことができるならもっと早く完成してるっていう罠です。

妥協しつつも一応前には進んでいますが…
いつ完成するんでしょうかこの技orz
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mistylake.blog111.fc2.com/tb.php/147-18f06d61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

    プロフィール

    Arima

    Author:Arima
    FC2ブログへようこそ!

    ダウンロード

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    未分類 (5)
    MUGEN (215)
    注意事項 (1)

    リンク

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    管理用

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。