霧の湖の畔

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒くなってきましたね

MUGENキャラ・AI製作者であるnns氏が大妖精の改変をして下さっております。

何度か書いてありますが、私の大妖精は
技構成にしてもエプライトにしても中の記述にしてもめちゃくちゃなので
改変といっても相当大変だと思います、ごめんなさい。
いっそのことぜひ全面改定でお願いしまs

nns氏のサイトに制作日誌が上がってますが今から完成が楽しみです。
ちょこちょこ出てる改変元(私の大ちゃん)については私も迷ってた感じの部分がズバリ書いてあったりで色々と勉強になりそう

ここの所ずっと
直線運動で動かしてるはずなのに軌道が歪んだり位置がすっとんだりと
妙な表示ズレに悩まされていたのですが、どうもAngleDrawが原因だったようです。

AngleDrawのオプションパラメータにscaleとvalueがあり
scaleは縮尺でvalueが表示角度の指定。
どちらも必須パラメータではないようで、私はよく

[State 0000, AngleDraw];縮尺
Type = AngleDraw
Trigger1 = time = [6,10]
scale = (time-5)*0.2, (time-5)*0.2

とかこんな感じで大きさを弄るのに使っていたのですが・・・
これがどうやら間違いだったようで、

[State 0000, AngleDraw];縮尺
Type = AngleDraw
Trigger1 = time = [6,10]
scale = (time-5)*0.2, (time-5)*0.2
value = 0.0

と省略していた「value」を指定した所表示ズレがなおりました。たぶん。
AngleAdd、AngleMul、AngleSet辺りを疑いたい所なのですが
AngleDraw使用中やその前後のステート、常駐ステートでは使用しておらず、
そもそも表示ズレの発生条件が不明で、常にズレていたわけではなく
何か特定の条件を満たした時のみ起こってしまう様子。
原因が特定できてないので今一不安ですが、
回転させるつもりがなければvalueは指定しておいた方がいいのかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mistylake.blog111.fc2.com/tb.php/222-f60090e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

    プロフィール

    Arima

    Author:Arima
    FC2ブログへようこそ!

    ダウンロード

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    未分類 (5)
    MUGEN (215)
    注意事項 (1)

    リンク

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    管理用

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。